乳酸菌生産物質って何?

 乳酸菌そのものではありません。・・・ってどういうこと??

 

一般的な生きた乳酸菌は、体内に取り込んでも胃液や胆汁によりほとんど死んでしまうと言われています。

しかし、「乳酸菌生産物質」は生きた乳酸菌ではないので胃液や胆汁などに関係なく確実に腸まで届き活力を与えてくれます。

 

乳酸菌が体に良いといわれるのは、乳酸菌そのものではなく乳酸菌が腸の中で作り出す物質『乳酸菌生産物質』です。

 

今、乳酸菌ではなくこの『乳酸菌生産物質』を直接飲む「バイオジェニックス法」が新しい方法として注目されています。